作業工具

ハンマーの種類と使い方

ハンマーの種類と使い方

ハンマーの種類

ハンマーは意外に種類が多いのですが、主なハンマーの種類を紹介します。

  • 片手ハンマー
  • 軽めのハンマーでヘッドの形が片側は平面で反対側が球形なのが特徴。

  • 両口ハンマー
  • 重量があるので打撃力に優れたハンマー。

  • ショックレスハンマー
  • 表面が樹脂なので相手側に傷が付きにくくヘッドの中に入っている無数の鉄の玉の重心移動によって打撃力もあるハンマー。

  • ソフトハンマー
  • ハンマーの頭の素材が柔らかく叩いたときに傷が付きにくいハンマー。銅やゴム、プラスチックなど

  • 石頭ハンマー
  • 通称セットハンマー、せっとうと呼ばれるハンマー。重量があって打撃力が高い。

  • テストハンマー
  • コンクリートなどの点検で使われるハンマー。

  • ケレンハンマー
  • ペンキや溶接のスラグを取るときに使うハンマー。

ハンマー

ハンマーの使い方

柄を短く持てば弱めで先端付近で持った方が強めに叩くことができます。
叩く物の面積が小さいときはゴルフと一緒で力めば力むほど芯からズレやすいので力を抜いてハンマーの重みを利用して叩くようにすると芯に当てやすいです。

関連記事

  1. worktools

    スパナやレンチの使い方と使用するときの選び方

  2. マックスのタッカー

    タッカーの使い方

  3. シノ 工具の使い方

    万能工具「シノ」の用途と使い方

PAGE TOP